FC2ブログ

2016年05月

速過ぎて理解できないまま、ここに現れています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「HK/変態仮面アブノーマル・クライシス」の感想です。

今作は見る前から不安なところがありました。

別に、前作に出てくれた演者が大多数出てくれるなんてどうでもいいんです。(嬉しかったけど)

それよりも前にやったことがあまりに完成され過ぎてて、今回できる流れがあまりに少ないんじゃないか、

全年齢にすることで言いたいことの前にレーティングを守ることが前提になってしまい、結果として毒が消えるんじゃないか。

そんな不安で一杯でした。

実際に見に行った結果、不安は現実のものになってしまいました。

前作に出てくれた演者は通常運転です。

前作ファンが期待している欲は満たしてくれてますが、監督が前作のプレッシャーに負けてます。

追記以外の部分にも面白いところはあるのですが全体として新鮮さを見いだせなかったです。

レーティングなんか関係なく「ch※※※※!」や「th※※※※!」と連呼してもらった方がまだおもしろく出来た気がします。

全く関係ないところで、

CGでワイヤーの消し忘れがあり、「消し忘れたけど紐ってことでいいよね。」感が強かった。

評価は「クソ映画!」と罵られる一歩手前ですが、突き放しません。

本編を見る限り全年齢にするために泣く泣くカットした部分など、期待できるような未収部分もあるのでDVDが出るなら買うし、ストーリーも変態理念も次回を見せてくれる展開だったので次回作があるなら見に行きます。

最後に、前作の部分も加えてパンフレットを作ってくれたこと感謝いたします。

DVDについて、

Amazon予約特典のA2ポスターのできがすごすぎです。

でも、特装版に台本とか収録するくらいなら、代わりに副音声(前作のオーディオコメンタリーのようなもの)を収録してほしかった。

[次に期待 できるのか?]の続きを読む
スポンサーサイト

 | Copyright © 白い狭間 All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。