FC2ブログ

この気持ちをどこに伝えれば

速過ぎて理解できないまま、ここに現れています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりのblogとなるのですが、
この先、3/24の超兄貴祭に関しての自分なりの感想となるので、
必ずしも万人が納得し得ない内容を書いています。
超兄貴25周年祭のために東京です。 場所は池袋EDGEで
参加者は以下のとおりなんですが… 事前の発表どおりいなくちゃいけない人がいません。
出演者リスト

会場前を見ると
超兄貴祭   顔はめ 

花や顔はめがあったり、
グッズ購入額に応じて
課金画像
ブラザーと写真撮影ができたりなど「もっと早く予約できたらなぁ」と感じるとってもフレンドリーな空間です。

そして本番へ。
1部(&幕間MC)うみにんTシャツを着た上間江夢がサムソン&アドンを引き連れて登場し、
サムソンとアドン つかみOKです。
この後は超兄貴に全く関係ない歌が中心だったけど、自分なりに超兄貴ってどんなものなの?
を実際にプレイしてみたといってたわけだし。 違和感あったけどまだ許せました。

2部 ドン・マッコウ率いるTWOーMIX内ユニット神鳴
歌いだしはドイツ人ジャーマンなんですが、
神鳴さんは超兄貴といっても「超兄貴」というより「超兄貴ショー」のノリで進行していってます。
ヴァイオリンしか弾けないボーカルが必死にバカをやる模様がシュールで面白かった。

でも、少しづつ違和感が大きくなってきます。
まず、ギターがうるさい。
そういえば… 上間さんはバックバンドなしだった。
あと何なんだろうと思いながら… 3部 EXTREME佐藤社長率いる韋駄天隊へ

ギターのエフェクト回りは直りません。 そして生じた根本的な疑問。

この曲、超兄貴祭でやること?

と思ってしまったことで一気にテンションが下がりました。
「愛のうた」はよかったんだけど、それはうみにんVer.のPVがかわいかったことと
そのあとでうみにんとサムソン・アドンが登場してくれたことが良かったのであって
超兄貴感がほとんどなかったです。
帰ってもよかったのですが、最初に書いた「ここにいない人」の動向が気になるので耐えました。

3部終了後の幕間
EXTREME佐藤社長が登場し、自身が使っていたイダギターと超兄貴ガウンのお話と 祝電披露へ。
ここで… と思ったのですがここでもなし。
びっくりしたのは元JWPヤマモこと山本雅俊さんの祝電が披露され、同時に来場もアナウンス。
そして祝電披露後、なぜか下りてくるスクリーン

葉山兄貴(がビデオメッセージで)登場

この中で語られたのはいかに自分や周辺が超兄貴を真面目に作ってきたかを語っておられました。
ようやくこの先も耐えてていけるかな?と思いながら

4部 流田project
まず、登場時にスモーク炊いてエフェクト周りを整えてくれたおかげで落ち着きました。
が、イベントにおける戦犯はこのユニットです。
持ち曲の未来聖闘士Ωからスタートし、最後に「兄貴と私」を歌うまで全て持ち歌もしくはカバー曲で超兄貴分一切なし!
最初の休憩時間でのたまったのは
「チケット購入者の年齢層見たら年齢層高めなのでリサーチしてきました。」

じゃあないよ! ここはアウェイだ! (リサーチ結果だけ認めます)

最低でも
チケット購入者はキレキレのブラザーばかりなのでリサーチしてきました。
くらい言ってほしかったよ
別に超兄貴に縁もゆかりもないユニットが出て来てもかまわないですが、自分が選ばれたからにはどうすれば来場者を満足させられるのかをリサーチしてきてほしかったです。

終演。 これ以上運営に期待するところなかったのですが、せっかく「卒園」のブリーフを手に入れたので、会場に残っていた人にパンツ画像交換を申し出たところ、
オーバーパンツだった「超姉貴」が手に入りました。
超姉貴だった人

顔はめがあるので遊んでみました。
叩き込む

最後に総括。
このライブは期待と反し残念な結果でした。 どれだけ時間と手間を無駄にしたか計り知れません。
ですが、この結果を生んだのは参加がビデオメッセージだけになってしまった葉山兄貴も含めて
超兄貴関係者全ての責任です。

超兄貴は「真面目」に「バカ」やる人たちを集めて切磋琢磨させた結果として産まれたものとおもっています。
ですが、「真面目にバカなこと」ができる人は少ないです。
だったら、今回のライブでも今までの超兄貴の制作方法どおり「真面目」にやる人と「バカ」をやる人たちを集めて切磋琢磨させたライブを企画して欲しかった。
個人間の対立とか関係なく、トップダウンで超兄貴にゆかりのあるかたを集めていただきたかったです。

葉山兄貴に関しては、「EXTERME、ドン・マッコウ」に仕切られたとわかったから、
いち早く今回の周年祭と無関係を貫いたんだと思っています。
ですが、「超兄貴祭の名前で行われた超兄貴と無関係のライブ」となってしまった企画に事前に注文つけられるのも葉山兄貴だけだったとおもいます。
声を出せなくても会場に身体を向けて頂ければどれだけファンは助かったかと感じております。
そこで物販するならのりました。

上間さんが唯一の清涼剤でした。
うみにんのTシャツを着て登場したり、幕間だれたり空気を察して離脱者が出るようないようなライブを最後まで見ることができたのは上間さんが幕間のMCとして盛り上げてくれたからです。
助かりました。

最後に流田project
名前は覚えた。 以降、このユニットの閲覧を拒否します。
このユニットが関わるだけ飯がまずくなる。
スポンサーサイト

タグ : 超兄貴祭 超兄貴 choaniki

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://atr01fs.blog81.fc2.com/tb.php/490-fe849e50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 白い狭間 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。